Blog結婚式プロデュース会社が教える
オリジナルウエディングのブログ

rino

2017.07.09

友達に差をつける!ワンランク上のベビー&キッズドレスブランド「コトナランド」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

リングガールやフラワーガールは、結婚式で花嫁と並ぶ目玉の一つです。それだけに、親御さんは、お子様の衣装選びに力が入るのではないでしょうか。そこで今回は、友達に差をつけるワンランク上のベビー&キッズドレスブランド「コトナランド」をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

キッズドレス選びの悩み

ベビー&キッズドレス選びの悩みの一つが「生地」ではないでしょうか。

子どもは、汗っかきで敏感肌なので、出来れば柔らかく吸水性の良いコットン生地を選んであげたいところですが、コットンでは、ドレスならではの華やかさに欠けてしまいます
一方で、サテンやオーガンジーなどの生地を使ったドレスでは、華やかさはありますが、擦れて汗疹になってしまう可能性があります。

また、子ども用のドレスに使用される生地は安価なものが多く「テロテロしていて安っぽくみえてしまう」という悩みをお持ちの方も多いです。

このように、子どもの肌のことや、デザインのことを考えなければならないベビー&キッズドレス選びは、実は、大人のドレス選びよりも難しいのです。

コトナランドとは?

コトナランドは、キッズ&ベビー専門のドレスショップです。

コンセプトは、「大人のような子供。子供のような大人。ボーダーラインはなく、自由に楽しめる世界」。
大人がお洒落を楽しむように子供にも思いっきりお洒落を楽しませてあげたい、という想いで出来たショップ・ブランドです。オートクチュールからレンタルまで扱っています。

コトナランドの4つの魅力

上質な生地

コトナランドのドレスの魅力は何といっても「生地」です。実は、実際にウェディングドレスで使用した本物の生地を贅沢に取り入れています。これまでのベビー&キッズドレスにはないワンランク上のドレスに仕上がっており、友達に差を付けられること間違いなし!

安心安全のデザイン

どれだけ生地が良くても、心配なのは子どもの「肌」。汗疹でかぶれては困ります。
コトナランドのドレスは、肌に接触する部分はコットン生地で出来ています。柔らかく吸水性の良いコットンなら、汗をかいても安心ですよね。

レンタルからオートクチュールまで対応

レンタルだけでなく、オートクチュールまで対応しているコトナランド。お子様の記念に、世界でたった一つのドレスを作ってみてはいかがでしょうか?

デザイナーのこだわり

コトナランドの代表でデザイナーの永川雅代さん。
スタイリストとして、芸能人のスタイリングや広告・ブライダル業界で活躍後、一般の方向けのウエディング専門スタイリストになりました。

その後、母になり、子ども用のドレス選びに苦労したこと、また、周りからも子ども用ドレスに関する悩みを多く聞くようになったことがきっかけで「コトナランド」を立ち上げました。「自分の子どもに着せたいかどうか」を基準に、オシャレ・安心・安全に徹底的に拘って作られています。

新作 西陣織を使用したドレス

コトナランドの新作はなんと、贅沢に西陣織の帯を使用したドレス。

全体ではなく一部分に西陣織を用いているので「インパクトがあるけど、やりすぎてない」感じで、お子様にもしっくりくるデザインになっています。

実際に西陣織を使用したドレスを拝見しましたが、高級感はもちろん、これまでにない独創的なデザインは、遠くからでも目を引きました。「甘くてカワイイ」ドレスに飽きた方にぜひおススメしたいドレスです。

最後に

コトナランドの新作展示会にお伺いした際、とても気さくに話してくれた永川さん。
話を聞くと、当日まで会場をどのように装飾するか決めておらず、会場入りしてからパパッとコーディネートしてしまったのだそう。また、会場に飾られていた写真の空間装飾やコーディネートもすべて永川さん自身で行ったそうです。さすが、一流芸能人のスタイリング経験もある凄腕スタイリスト。

「どんなドレスを選んでいいか分からない!」「コーディネートができない」という方は、色々相談してみるのもいいかもしれませんね。それでは、皆様が素敵な一着と出会えますように!

コトナランド公式WEBサイトはこちら

コトナランドの最新情報やお得なクーポンがもらえる!
LINE@の登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

rino

ブログ画像

空飛ぶペンギン社で働くスタッフによるブログです。オリジナルウエディングを作るコツから結婚式準備のお役立ち情報まで発信していきます!

POPULAR人気記事

NEW新着記事

TAGSタグ

ゲスト参加型演出フォトシュシュ