Blog結婚式プロデュース会社が教える
オリジナルウエディングのブログ

優菜 林

林 優菜

2017.01.30

知ってる?フラワーシャワーにドラジェ、結婚式にまつわる幸せジンクス13選♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

結婚には様々なジンクスがあります。

 

ジンクスは縁起を担ぐためのおまじないのような感覚で取り入れられているため、

中には「守らないと気持ち悪い・・・」という方もいるのではないでしょうか?

 

また、せっかくなら、大好きな彼ともっともっと幸せになる為に結婚式にジンクスを取り入れてみたいですよね?

 

そこで、今回は結婚式にまつわる幸せなジンクスを集めてみました。

ジンクスを守って気持ちの良い幸せな結婚式を挙げてくださいね。

【目次】

■ラッキー6ペンス

■ねこのくしゃみ

■ラッキービーンズ

■ブーケトス

■ガータートス

■ライスシャワー

■ドラジェ

■ウエディングケーキ

■キッシングボール

■フラワーシャワー

■サムシング・フォー

■雨

■ウエディングマウス

■最後に

3

■ラッキー6ペンス

Bride holding her shoes

新婦の左靴の中に6ペンスコインを入れておくと、お金持ちになるというジンクス。

イギリスの発祥で、現在は、6ペンスコイン自体がなくなってしまったので、シルバーコインで代用するようです。

日本だと500円玉でしょうか。でも、なんとなく外国のコインの方がかっこいいですね。

ちなみに靴に10円玉を入れると、臭いがとれるらしいです。

■ねこのくしゃみ

cat01

結婚式の朝に新婦の近くで猫がくしゃみをすると幸せになれるというジンクス。

古代ギリシャローマでは、くしゃみはおめでたいあいさつを示すものだったようです。

猫は、ビーナスの代弁者とされていたため、猫のくしゃみは「女神ビーナスに祝福された」という意味になるそうです。

 

しかし、これは難易度高いですね、どう考えても。

早起きして、野良猫を捕まえて、胡椒を振りかけまくるくらいしか思いつかないです。

■ラッキービーンズ

cake01

ウエディングケーキの中にインゲン豆を入れておき、そのインゲン豆が入っているケーキが当たった人が幸せになれるというジンクスがあります。

 

なぜ、インゲン豆がラッキービーンズなのかはわかりませんが、当時のインゲン豆農家の有力者かなんかが言いだしたのでしょう。

 

現在はインゲン豆の代わりにアーモンドなど、ケーキに合った物を使うのが一般的。 

ラッキービーンズの入ったケーキが当たった人には、サプライズでプチギフトや記念品をプレゼントするという楽しいイベントを、日本でも披露宴に取り入れるカップルも増えています。

■ブーケトス

uchikon01

これは有名ですね。

花嫁が後ろ向きになって未婚の女性たちにブーケを投げます。

ブーケを受け取った人は次に幸せな花嫁になれるというものです。

 

ただ、最近は晩婚の流れで、このブーケトスに抵抗を感じる女性も多いようです。

ブーケトスを強制的に参加させられたことで、友情にヒビが入ってしまった、なんていう話もあります。

もし取り入れる場合には、予め未婚の女性ゲストに参加の有無を聞いておくと無難です。

■ガータートス

Group men catch  bride  garter. Wedding.

ブーケトスの人気低迷を受け、もっと面白くやろうというのでスタートした男性版ブーケトス。

花婿が花嫁の足からガーターをはずし、後ろ向きになって独身男性たちにガーターを投げます。ガーターを受け取った人が次に花婿になれるというジンクスです。

 

実際にガーターをその場で外すのは難しいので、あらかじめふとももに投げる用のガーターをまきつけておいてやるのがおすすめです。

ちなみにこれをやると必ず、会場が異様な興奮に包まれます。

 

また、最近ではガータートスよりハードルの低い「ブロッコリートス」をする新郎さんも増えています。ぜひ、新郎さんも結婚式を楽しんでくださいね。

■ライスシャワー

 

結婚式の後に、2人にお米をシャワーのように浴びせることからライスシャワーと呼ばれています。

お米には豊穰と繁栄という意味があります。お米を浴びることで、2人が豊かで幸せな暮らしができますように、そして子宝に恵まれますようにという願いが込められています。

■ドラジェサーブ

festival

ドラジェサーブは、ローマの貴族であるファビウス家が子供の誕生の御祝いとして町の人々に配ったことが、はじまりとされています。

 

ドラジェとはアーモンドをお砂糖で包んだ物ですが、アーモンドは1つの種からたくさんの実がなるということで「子宝に恵まれますように」という願いが込められています。ヨーロッパでは5つのアーモンドは幸運を呼ぶと信じられており、「幸福」「健康」「富」「子孫繁栄」「長寿」を表すそうです。

最近はキャンドルサービスの替わりに5つ入りのドラジェを配ることも多くなってきているそうです。

■ウエディングケーキ

blue wedding cake with roses

花嫁が、結婚式に自分で作ったケーキを持っていき、上手にお料理ができることを見せたというのが、由来だといわれています。

 

その昔、砂糖は大変貴重なものだったので、豊かさと繁栄の願いを込めて、結婚式に甘いケーキを出すようになったとも言われています。

また、貴重な砂糖を使った甘いお菓子やパンなどの食べ物を、お祝いに来た人が持ち寄り、高く積み上げたそうです。

 

ウエディングケーキには人生が豊かに繁栄するようにというジンクスがあったのですね。

・ファーストバイト

最初の食事をお互いに食べさせて、分かち合うという意味です。

新郎から新婦へは、一生食べる苦労はさせないという意味で、新婦から新郎へは、いつも美味しい料理を作って、食べさせてあげるという意味です。

 

・ケーキカット

2人で最初にする作業という意味です。

また、結婚を祝ってくれた人達へ配り、幸せのおすそわけをする、という意味もあります。

 

・ドライケーキ

国によってはドライケーキを使うそうです。

ドライケーキは腐らないので、保存の仕方によっては何年でも保存できるそうなので、結婚記念日の度に出してきて、結婚した日を思い出しながら少しずつ食べるそうです。

 

・バームクーヘン

年輪という意味で、長寿と繁栄を表しているので、お祝いのお菓子としてよく使われます。

結婚した2人が年輪を重ね、いつまでも幸せに仲良く繁栄していきますようにという願いが込められたお菓子です。

 

■キッシングボール

Happy young couple under mistletoe having fun in the winter park

イギリスではヤドリギの下でキスをしたカップルは幸せになれるというジンクスがあります。ヤドリギは、幸福、安全、幸運をもたらす聖なる木と言われています。

見た目もかわいいヤドリギ。花屋さんで購入できるので、前撮りの小道具として使用しても素敵ですね。

因みに、こんな言い伝えも。

女性はヤドリギの下で、男性にキスを要求されたら断ってはいけないそうです。ヨーロッパでは、好きな子をヤドリギの下に誘い出す・・・なんてロマンティックこともされているようです。・・・警察に通報されないようにご注意を。

 

■フラワーシャワー

groom  and  his wonderful  bride  dancing their first dance

花の香りで周りを清め、二人の幸せを守るという意味が込められたジンクスです。

花びらが舞うなかを大好きな彼と歩くなんてとってもロマンティック!オシャレで写真映えもするので、ぜひ取り入れてみてみてはいかが?

 

■サムシング・フォー

beautiful-1846171_960_720

花嫁は、サムシング・フォーといわれている4つを身に着けて結婚式を挙げれば、幸せな結婚生活を送ることができるという言い伝え。とても有名な結婚のジンクスです。

①サムシングオールド (古いもの)

謙虚な心や経済安定を表しています。使われている、古いものを1つ身につけます。

母親や祖母からハンカチやアクセサリーなどを借りて身につけます。

その家に受け継がれてきたものがあれば、それを伝えていくのもいいですね。

 

②サムシングニュー (新しいもの)

未来、新しい生活のスタートを表しています。新しいものを身につけます。

新しい靴、下着などですが、2人の新しい人生を一歩踏み出すという意味で新しい靴を履くことが多いようです。 

 

③サムシングブルー (青いもの)

忠実、信頼を表しています。青は幸せを呼ぶといわれている色なので、青い色のものを1つ身につけます。青いガーターやブーケに青い花やリボンを1つ入れたりします。

 

④サムシングボロー (借りたもの)

周りからの愛を表しています。幸せな結婚をしている人から、身につけるものを借りてつけます。アクセサリー、ハンカチや結婚のときに使ったベールやグローブなどです。

 

■雨

young couple hiding from the rain

結婚式当日に雨が降ると、新郎新婦の今までの苦労やこれから起こる苦難を、全て洗い流してくれるというジンクス。

天が二人の代わりに一生分の涙を流してくれ、これからは二人に沢山の幸せが訪れると考えられているそう。

これなら、雨の結婚式も楽しく迎えられそうですね!

 

■ウエディングマウス

cake-pops-1398875_960_720

結婚式のアイテムにネズミのモチーフを取り入れると夫婦円満、子孫繁栄するというジンクス。

これは、ネズミは子だくさんで、生涯同じパートナーと暮らすことから、縁起がいい生き物とされていることが由来です。ディズニーがテーマの結婚式は取り入れやすそうですね。

 

■最後に

いかがでしたか?

結婚式にはたくさんのジンクスがありますが、こうしてジンクスが生まれたのも、2人の幸せを祈るからこそなんでしょう。

昔から続く、「幸せへの想い」、大事にしたいですね。

 

おふたりの結婚式にも、ぜひ取り入れてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

優菜 林

林 優菜

ウエディングプロデューサー

元俳優。俳優時代、舞台や映画を通して、お客様に楽しんでいただく快感を覚える。その後、空飛ぶペンギン社の型にハマらないユニークな結婚式に出逢いブライダル業界に転職。 「結婚式は最高のエンターテイメントだ!」を合言葉に、ゲストがワクワクするような結婚式創りに励んでいる。

ブログ画像

空飛ぶペンギン社で働くスタッフによるブログです。オリジナルウエディングを作るコツから結婚式準備のお役立ち情報まで発信していきます!

POPULAR人気記事

NEW新着記事

TAGSタグ

ゲスト参加型演出フォトシュシュ