Blog結婚式プロデュース会社が教える
オリジナルウエディングのブログ

優菜 林

林 優菜

2017.03.04

ゲストを退屈させない!披露宴のプログラムを作る5つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

2時間半~3時間という長丁場の結婚式披露宴。
ダラダラとした一本調子の構成にしてしまうとゲストは退屈してしまうので注意が必要です。

そこで、本日は、ゲストを退屈せない披露宴のプログラムの作り方をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

hayasi_A

一般的な披露宴のプログラム

AdobeStock_107921206サイズ修正

まずは、一般的なプログラムの流れを知りましょう!

①新郎新婦入場

②ウェルカムスピーチ

司会者による開宴の辞。続いて新郎からゲストへ出席のお礼と感謝を述べます。新婦が一言添えても構いません。

③プロフィール紹介

司会者による簡単なプロフィール紹介です。

④主賓の祝辞

新郎側・新婦側それぞれの主賓からお祝いの言葉をいただきます。カジュアルな披露宴の場合は、両家を代表して一名でも構いません。

⑤乾杯

主賓のスピーチのあと、全員でグラスを手に起立して乾杯します。

⑥食事スタート

⑦ウエディングケーキ入刀

会場によっては、乾杯の前に行うところも。タイミングはプランナーさんに相談しましょう。またケーキ入刀に続けて、ファーストバイトを取り入れてもGOOD

⑧歓談

⑨中座

一般的には、新婦が先で、新郎がそのあとに中座します。エスコート役がいない場合は、新郎新婦が一緒に退席しても大丈夫です。

⑩プロフィールムービーの上映

中座の時間を利用してプロフィールムービーを上映します。

⑪テーブルラウンド

お色直しをした新郎新婦が再入場。キャンドルサービスやフォトラウンドしながら各卓を回ります。

⑫余興・スピーチ

友人によるスピーチや、ダンス、歌などの余興。新郎新婦がゲストに向けて余興をするなど、演出は様々。

⑬花嫁の手紙・記念品贈呈

⑭謝辞

⑮退場・お見送り

披露宴プログラムを作る5つのコツ

wedding party

①会場のフォーマットをベースに考える

ほとんどの会場には、基本の披露宴プログラムのひな形が用意されています。これはゲストが心地よく楽しめるタイミングを考慮して作られたものなので、順序は大きく変更しないほうがいいです。

また、当日のサービスはアルバイトスタッフがメインです。イレギュラーな進行にしすぎると、不慣れでミスが起こる可能性が高くなりますので、こういった面でも出来るだけ大きく変更しないようにしましょう。もし、大きく変更したい場合は、事前にスタッフと入念な打ち合わせが必要です。

②個性を入れる

blue wedding cake with roses

個性を出しやすいのは、「ふたりの初めての共同作業」とされるケーキ入刀。ウエディングケーキをオリジナルデザインにする、スイカ割りや地元の名産品といった、そもそもケーキでないものに入刀するなど、ふたりならでは工夫をしましょう。

また、共同作業は「ケーキ入刀」にこだわる必要はありません。ふたりで我が家の表札を作ってもよし、絵を描いても良し、ウエディングボックスを作ってもよし。とにかくふたりらしさを出していきましょう!因みに、空飛ぶペンギン社のプロデュースする結婚式では、過去に、スノーボード板に「せーの!」でワックスを掛ける「愛のワックスがけ」をしました。これは、ゲレンデで出会った新郎新婦さんだったからです。

※ウエディングボックスとは、手紙とワインを入れたタイムカプセルの事。海外の結婚式で人気の演出です。

③メリハリをつける

Happy bride and groom on their  wedding

「メリハリをつける」。これ、凄く重要です。私が一番大事にしていることです。みなさん「感動的な結婚式にしたい!」と思ったら、お涙頂戴と言わんばかりの感動的な演出ばかりのプログラムにしてしまいます。「おもしろい結婚式にしたい!」と思ったら、ふざけた演出がてんこ盛りのプログラムにしてしまいます。

人間って不思議なもので、「感動しなさい!」と強制されたり、「笑わせたいんだな!」と相手の意図に気づくと、冷静になってしまいます。また、同じ感情がずっと続いてしまうと感覚がマヒして飽きてしまいます。

想像してください。さっきまで、おちゃらけていた新郎が、真剣なまなざしで新婦に愛を誓うと感動しませんか?普段は絶対に泣かない新郎が、謝辞で声を震わせていたら感動しませんか?
反対に、いつもは堅物で真面目一辺倒の新郎が、はじけた姿を披露すると笑えませんか?普段は、大和撫子のような慎ましい花嫁が、恐妻家な一面をみせると面白くないですか?要するに、人間はギャップに心を動かされるのです。

感動的な結婚式にしたいなら、笑いも入れましょう。面白い結婚式にしたいなら、真面目なシーンや感動的な演出も入れましょう。

④中座のタイミングは必ず確保

これも要は「メリハリ」ということです。最初から最後まで、あれもこれも詰め込みすぎると、ゲストは一息つく暇がありません。楽しませるところは楽しませる、抜くところは抜く、といったメリハリをつけましょう。

また、お色直しをしない場合でも、まったく退場しないのはおふたりもゲストも一息つく間がないですし、一辺倒になりがちなのでおススメしません。ドレスを変えないまでも、髪型や小物をチェンジするなどして印象を変えてみましょう。

⑤一番大事にしたいことを明確にする

wedding-725432_1280

披露宴の時間は2時間半~3時間が一般的です。中座は30分程度かかりますので、プログラムに使える時間は約2時間となります。”お色直しを2回したい!演出もたくさんやりたい!料理をゆっくり楽しんでほしい!友達に余興もしてもらいたい!ゲストとたくさん写真を撮りたい!ていうか、やりたい事全部やりたい!”。あれもこれも詰め込んでしまうと、ゲストがゆっくり休む間のない慌ただしい披露宴になってしまいます。

例えば、お色直しの回数が増えると、中座に掛かる時間が増えるので、歓談の時間は減ってしまいます。ケーキ入刀やファーストバイト、アクア、キャンドルサービス、ムービーなど、演出をてんこ盛りにすると、食事の手が止まりやすいので料理にこだわりたいカップルは気を付けなければなりません。

重点をどこに置くかでプログラムの構成は変わります。自分たちが一番大事にしたいのは何なのか?を明確にしてから、プログラムを考えことで、ゲストを退屈させない進行ができますよ。

まとめ

ゲストを退屈させない披露宴のプログラムを作る5つのコツ♡

①会場のフォーマットをベースに考える

②個性を入れる

③メリハリをつける

④中座のタイミングは必ず確保

⑤一番大事にしたいことを明確にする

ぜひ、「来てよかった!」「楽しかった!」とゲストに言っていただけるような、素敵な結婚式にしてくださいね♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

優菜 林

林 優菜

ウエディングプロデューサー

元俳優。俳優時代、舞台や映画を通して、お客様に楽しんでいただく快感を覚える。その後、空飛ぶペンギン社の型にハマらないユニークな結婚式に出逢いブライダル業界に転職。 「結婚式は最高のエンターテイメントだ!」を合言葉に、ゲストがワクワクするような結婚式創りに励んでいる。

ブログ画像

空飛ぶペンギン社で働くスタッフによるブログです。オリジナルウエディングを作るコツから結婚式準備のお役立ち情報まで発信していきます!

POPULAR人気記事

NEW新着記事

TAGSタグ

ゲスト参加型演出フォトシュシュ